大型スキャニングサービス FAQ

大型スキャナーによるスキャニングサービス(図面電子化)によくあるご質問をピックアップしてみました。

| HOME | スキャニングサービス | スキャニングサービス FAQ  番外編 |

足立コピーセンター 大型コピー 図面コピー ブックコピー対応。
営業日/時間

スキャニングサービスFAQ

デジカメ撮影とスキャナーの違い  

遠景全体と近接全景の違いでもあります。

最近のデジタルカメラの性能は飛躍的に向上いたしました。ただピクセル数と顔像度でみるとまだ大型スキャナーに分があることが多いです。
デジタルデータの使い方によって使い分けるのが良いと思いますが、デジカメでもプロ用のものでやっとA2 サイズのデジタルデータが現状では最高の撮影サイズです。しかし、近接で画像化するスキャナーと引いて撮影するカメラでは画像の詳細分の再現についてはスキャナーに軍配が上がります。

▼スキャナー

特徴1
レンズによる四方の歪みがない。
特徴2
密着してるため細部まで綺麗にスキャン出来る。
特徴3
撮影に比べ短時間でデジタルデータになる。
特徴4
フラットベッドでの作業は高精度であること。サイズ誤差が少ない。
特徴5
淡い色などの再現もやり方によってはある程度再現できること。
特徴6
圧倒的なデータ量(ピクセル数に対しての解像度)なので、詳細である。

▼カメラ

特徴1
大きな原稿の撮影。近接の詳細データは合成で処理。
特徴2
色の再現性が高い(金銀や蛍光色系の再現)
特徴3
機材が小さいので機動性があり、どこでも撮影可能
特徴4
レンズが球形のため四隅で画像の歪みがある

またカメラの撮影にはライティングの影響が大きく、淡い薄い色がライティングによっては白飛びをおこしてしまう事もあります。(デジタルで補正する方法もなくはありませんが)このライティングのセットにスタジオの時間を大半を使う事になりますので、スキャナー以上に作業に時間が掛かる場合が多いのです。


前のページに戻る

CISとCCDの違い  

画質的に極端な差はありません。原稿の読み込み深度の違いになります。

CISとCCDの違いはセンサーの違いからなるスキャナー構造の違いになります。CISは直接光を原稿のあてて、反射した画像を読み込みますが、CCDは一旦ミラーに画像を写しその画像をセンサーが読み込みます。
一見すると構造が簡単なCISに軍配があがりそうなんですが・・・。

<両者比較>

CCD
読み取り装置が大きい(その分強固なフレームを作る必要がある。)
凸凹のある原稿も綺麗に読み込める
CIS
装置が簡易なため小さく出来る(軽量な分精度的に落ちる事が多い)
ウォームアップが要らない
電源供給もUSBなど、省電力で済む

両者の大きな違いは原稿とガラスが密着した時の画質こそほぼ同等ながら、凸凹のある原稿などではCISだと画像のピントが合いにくい場合があります。特に製本などの場合は中心部分(ノド部分)が若干浮いてしまう事も多くあります。CISだとボケてしまいますが、CCD撮影深度が取れるので、浮いていても綺麗にスキャンする事が出来ます。ただCCDも欠点があります。

<CCDデメリット>

デメリット
特殊な蛍光灯を使用、画像安定の為ウォームアップの時間が掛かる
筐体が大きくなってしまい、場所を取る(その分精度も上がります)
CISに比べれば、電力もそれなりに使う(電源も強力なため動作も安定しますが)

CCDしかしながら、少々の浮きがあっても綺麗にスキャニング出来るため、プロ用の機材は概ねCCDの機材を選択する事が多いのですが、CISも近年ではかなり性能が向上いたしました。スキャン深度(スキャナーから原稿までの距離)が取れるか取れないの差なので、シートスルー式スキャナーではその差はほぼありません。
なお、昨今では蛍光灯式からLED式光源のモデルも出てきました。このタイプはウォームアップがほぼないので、これから主流になっていくでしょう。ただ、光量がちょっとまだ問題あるように思われます。
弊社使用機材は蛍光灯式もあるので、ウォームアップは必要なこともございます。適材適所でスキャナーも使い分ける必要があります。

前のページに戻る

解像度dpiについて  

画像の色の再現性を表す単位ではありません。データ量(緻密さ)です。

一見すると「解像度が高いと画質が良い。」と思われていらっしゃるお客様実は結構いらっしゃいます。
広義においては高解像度は確かに「画像の綺麗さ」には繋がるのは間違いではありませんが、お客様の求めるのは「色の再現性」で殆どであって、「色、色相の再現」については解像度はさほど問題にはなりません。どちらかというとスキャンの取り込み時で大きく差が出ます。
白飛び、黒潰れをどう克服するかがスキャン画像の差になると考えております。「見える物は見えるように!一見簡単なようですが、実際の作業してみるとそう簡単ではないのです。


<dpiとは?>
「dpi」とはdot par inchの事であり、1インチの中にどれだけ点(dot)が打てるか。ということです。簡単にいえば、緻密さ、情報量の多さと考えていただいて良いかと思います。
もっと、くだけていえば、「色の情報うんぬんという要素」より「線の滑らかさ」などに影響すると思っていただいて結構です。

高解像度で無ければいけないものは元が小さくて拡大して使う場合においては、情報量が多い方が滑らかな画像として使えるからです。しかも、商業印刷で標準的データの基準は「A3 350dpi」が業界の基準です。(これには諸説色々とございますが)

つまりA3サイズで350dpiの解像度のデータがあれば大型ポスターだろうが、チラシだろうがほぼ印刷しても問題がないと言う事になります。
A3以上の元画サイズで解像度350dpiあればほぼ問題なく、商業印刷に回す事が可能なレベルに到達していると思ってください。

<参考までに>
弊社大型カラーフラットベッドスキャナー
(13244×9354pixcel相当 400dpi A1入力時)
画素数に換算すると「12,388万画素」

※参考1 デジカメ1眼 NikonD3X
撮影サイズ 6048×4032pixcel NikonHPより抜粋
画素数に換算すると「2,438万画素」

※参考2 デジカメ1眼 NikonD300S
撮影サイズ 4288×2848pixcel NikonHPより抜粋
画素数に換算すると「1,221万画素」

カラースキャンデータはpixcel数とDPI(解像度)のバランスが重要です。
商用使用のデジカメ一眼より段違いの画素数だとお分かりいただけたでしょうか?
大判サイズのスキャンはなにがなんでも高解像度が良いわけではありません。
解像度は色の再現性を表すものではなく、詳細さ、滑らかさの目安として考えて
ください。


前のページに戻る

スキャング作業の用語説明や解像度について詳しくはこちらのサイトを参照してみてください。

LinkIconスキャニングとデータ出力の情報サイト

▲ ページトップへ

弊社お勧めの作業

マンション図面管理に

製本イメージマンションの改修工事に必要な図面の殆どは製本されています。必要な図面をコピーするにも製本サイズが大きいので小型のコピーでは対応できません。またコピー業界でも大型コピー機は製本された図面には対応できないものが大半ですが、弊社では大型平置きスキャナーと大型コピー機をシステム化し製本された図面ブックコピーとブックスキャニング作業(図面PDF化)に対応しております。

マンション図面管理に最適なスキャニングによる図面電子化のサービスをワンパッケージ化した大変お得な料金設定をしてございますので、一度ご覧くださいませ。

▶マンション管理図面の電子化

CAD出力

0ce-image3.psdモノクロCAD出力は大型レーザー出力ですので、非常にスピーディーに出力作業を行う事が出来ます。カラーCAD出力は大型インクジェットでの対応になります。

出力対応するCADソフト

LT2017
最新版
(WIn版)

※はビューワーソフトの為出力の制限がございます。

▶CAD出力