コピーサービスのFAQ1

弊社によるあるコピーサービスに関連するご質問とご回答などをピックアップしてみました。このページはコピーサイズに関わるFAQになります。

| HOME | コピーサービス(複写サービス) | コピー作業 FAQ-1 コピーサイズ編 |

足立コピーセンター 図面出力、CAD出力、製本、図面電子化
営業日/時間

コピー作業FAQ

コピー出来るサイズは?  

通常のコピーはA0サイズ、製本コピーはA1サイズの対応です。

弊社が現在対応しているコピーサイズとサービス内容です。

白黒コピー
最大A0サイズ原稿読み込み
最大A0サイズのコピー可能
最大シート入力幅914mmまで
長さは5m以上(原稿に寄ります)
製本コピーは見開きA1まで
カラーコピー
最大A0サイズ原稿読み込み最大A0サイズのコピー可能
最大シート入力幅914mmまで
厚手原稿はA1サイズまで
長さは5m以上(原稿に寄ります)


前のページに戻る

カラーコピーは出来ますか?  

カラーコピーサービスもご提供しております。

カラーコピー
A5からA0サイズのカラーコピー出来ます。
A3以下はカラーレーザー、A3以上はインクジェット機になります。
拡大カラーコピーは最大B0サイズ
原稿入力最大幅914mm
出力最大幅1068mm
フラットベッド入力最大サイズA1

なお、フラットベッド機での作業についてはA1以上のサイズの作業については分割し取り込み後パソコンによ合成、大型機での出力となります。


前のページに戻る

白黒反転コピーは出来ますか?  

白黒反転のコピーは対応可能です。

通常の料金に+¥50で作業いたします。古い青焼き(背景が青で文字が白)のコピーには最適です。
原稿の状態があまりよくない場合はフラットベッドタイプのコピー機で対応いたします。


前のページに戻る

A4サイズからA0 拡大コピーはできますか?  

A4サイズからA0サイズまで拡大コピーは可能です。

ただし拡大されますので、コピーの仕上がりとしては文字のエッジなどが荒れてしまいます。出来れば200%拡大までがよいと思います。
(例:A4→A2 A3→A1)
もちろんお客様のご要望により拡大コピーの作業は承ります。

<代表的な拡大コピー>

A3→A1
200%の拡大になります。
A2→A1
141%の拡大になります。
A3→A2
141%の拡大になります。
A4→A2
141%の拡大になります。
A4→A1
283%の拡大になります。


前のページに戻る

模造紙サイズまで拡大コピーできますか?  

一般的な模造紙サイズ(A0 841mm×1189mm)まで作業できます。

普通紙のほかに黄色の蛍光紙もご用意してございます。蛍光紙(黄色)に黒文字は非常に良く目立ちますので、イベント告知などにご利用するお客様もいらっしゃいます。是非御試し下さい。
最大で914mmの幅まで拡大は可能です。コピーの長さについては原稿にもよるのでご相談ください、5mはメーカ値で大丈夫です。


前のページに戻る

縮小コピー出来ますか?  

縮小コピーは可能です。

ただしあまり小さくしてしまうと、文字がつぶれてしまったりしますので注意が必要です。弊社で良く取り扱うのがA1→A3の50%縮小が最も多いです。

<代表的な縮小コピー>

A1→A3
50%の縮小になります。
A1→A2
71%の縮小になります。
A2→A3
71%の縮小になります。
A2→A4
50%の縮小になります。


前のページに戻る

複製禁止

紙幣・硬貨・有価証券・著作権保護されたものはコピー及びスキャンによる複製はしてはいけません。

例)著作権のある本のコピー
著作権のあるものは著作者から複製の許諾が得た場合は、問題ありませんし個人で私的にコピー複製する場合は法律でも認められております。しかし、著作権のある雑誌、本からのコピー作業、スキャニング作業のご依頼の場合は法律に抵触する恐れが有るため原則弊社では法令遵守から作業をお気受けできません。御了承くださいませ。

最近流行っている切断製本からのスキャニング(自炊)作業ついては弊社では請け負っておりません。

全面コピー

「コピー」は機械の給紙の関係上紙の周囲数mmが掛けてしまいます。全面でコピーを行うにはワンサイズ大きな紙でコピーを取る必要があります。
※機材にも依りますが、カラーコピーですと全回りで約7mm程度白ふちになります。

小型インクジェット機出力のような全面印刷(コピー)はレーザー機ではできません。ワンサイズ紙を大きくするしか現在方法の対応となります。また印刷用にあるA3ノビの用紙は現在ご用意はしておりません。予め御了承くださいませ。

データ検証作業

弊社ではUSBやCD−Rなどに入っているデータが「何」なのか検証する作業を行うことがありますが、検証以外の作業(出力、変換など)をする場合は「無料」ですが、検証のみの場合は「有料」となります。

どんなデータがメディア(CD,USBなど)に入っているのかわからない。というお客様増えて参りました。勿論弊社で出力、印刷、データ変換など弊社で作業する場合は特に「データ検証代」として「代金」はいただいておりませんが、中にはデータ検証だけして帰られるお客様がいらっしゃいます。今後データ検証のみの場合は「有料」となります。ご理解の程お願い致します。