足立コピーセンター 大型コピー 図面コピー ブックコピー対応。
営業日/時間

CAD出力FAQ ーAutoCAD編ー

CADデータが開かない  

拡張子が同じであっても製作バージョンが異なる場合データが開かない場合がございます。他のCADソフトでも同様です。

例)AutoCAD LT2007で作成・保存→LT2000では開きません。

AutoCADですと大きく分けて2000/2004/2007で異なります。またJW-CAD始めCADデータ全般にいえますが、バージョンお手持ちのが古い場合開かないことがありますので、常に最新バージョンのご利用をお勧めします。(データ交換することが多い場合)
ただし、上位(最新)版から下位(以前のバージョン)へデータを下位互換させる方法もありますが、文字化けやズレなど起こる場合があるので、注意が必要です。
(例 AutoCAD2000形式で保存する など)

ファイル変換した場合、例えばDXFの書き出しが失敗した場合などもファイルが開かない場合がございます。

AutoCADの制作時のバージョンを調べるには?


前のページに戻る

AutoCADバージョンを調べる    

バージョンはCADソフトがなくても調べられます。

AutoCADのデータが開かないとき、作成されたバージョンがどれか調べる方法はあります.。ご参考までに・・・。この際表示されるのは制作されたDXFの形式なのですが、ここの「AC10※※」をみてください。これがわかるとAutoCADバージョンがわかります。

1、ノートパッド、ワードパッド、メモ帳などテキストエディタ系でファイルを開く。
AutoCADバージョン形式を調べるノートパッドでバージョン不明なDWGファイルを開く
※メモ帳で開いた時の画像です。
赤丸部分がAutoCADのバージョンを示します。
表記の「AC1018」はLT2004形式だと判ります。

AutoCADバージョン  AC番号
 EX-2 AC1004
 GX-3 AC1005
 GX-5 AC1006 
 RJ12J/LT1~2 AC1009
 R13J/LT95  AC1012
 R14 AC1013
 R14/LT97/LT98 AC1014
 LT-2000/2000i/2002  AC1015
 LT2004~2006 AC1018
 LT2007~2009 AC1021
 LT-2010 AC1024

前のページに戻る

CTBファイル(色従属印刷スタイル テーブル)  

複数毎を同じ様に指定した色や線の太さで印刷する場合、必要になることがあります。

色従属印刷スタイルテーブルを使用してオブジェクトの印刷時の外観をコントロールすることにより、同じ色のオブジェクトはすべて必ず同じ外観を持つように印刷できます。

図面で色従属印刷スタイル テーブルを使用する場合は、印刷スタイルを個別のオブジェクトまたは画層に割り当てることはできません。1 つのオブジェクトに印刷スタイル プロパティを割り当てるには、オブジェクトまたは画層の色を変更する必要があります。

色従属印刷スタイル テーブルをレイアウトに割り当てることができます。いくつかの定義済みの色従属印刷スタイル テーブルを使用するか、既存の印刷スタイル テーブルを編集す
または、独自に印刷スタイル テーブルを作成できます。色従属印刷スタイル テーブルは AutoCADLT 200×Plot Styles フォルダに格納されており、拡張子は「.ctb 」です。

(AutoCAD HELPより転載)

前のページに戻る

CTBファイルの取り出し方  

通常CドライブのAutoCADのフォルダーに格納されてます。

・ctbファイル取り出し方
インストールされているハードディスク(C-drive)のprogramFiles中の「AUTOCAD」のProgramを探します。
Plotstyle
「Plot Styles」のフォルダーの中にctbファイルが入っています。

ctbファイル
あとは使用しているファイルをコピーしてお持ちください。

前のページに戻る

データ入稿について

弊社までデータをご入稿のさいには以下の事をご明記してください。
■お名前
(会社名、個人名など)
■住所
(発送先、または返却先)
■電話番号(携帯番号)
■データ形式(OS、Ver)
■作業内容 
■納品希望日

E-Mail

E-MAILの場合

弊社メールサーバーでは10MBまではメール添付で送受信できますので、10MB以下のデータでしたらメールでの入稿がお勧めです。

shadow_gry_Right.png弊社メール

データ便

宅ファイル便宅ファイル便
※ただしサーバーの使用状況によりデータファイルが遅延する場合がございますので、注意が必要です。
弊社宛のE-mailアドレスは
ファイル便用メール
へ御願いします。

CAD印刷時の注意

弊社へCAD出力をご依頼する場合は
・極力不要なデータを削除する
・もしくは×印などつけて頂く
など、判断が出来るような状態でのご入稿をお願いしております。不要なレイヤーなどの判断は弊社側では判断がつきません。
基本的には頂いたデータそのままで弊社で内容に関して変更することはございません。縮尺やビューポート管理のチェックは基本的には行っておりません。あくまでご入稿頂いたデータのままの出力作業が作業前提(価格設定)となっております。ご了承願います。

AutoCADの場合

AutoCAD出力の場合、以下の点を注意して頂けると大変助かります。

  1. 制作時のバージョン
  2. ペン設定が別に設定
  3. 出力に不要なデータの削除
  4. 外部参照データの添付

など、ご依頼に際しお聞きすることがございます。
特にペン設定がない場合は弊社のデフォルト設定にて出力いたします。

特にペン設定は出力サイズごとに設定がされている場合は重要ですので、CADデータと一緒に送ってください。
また出力に関係のないデータは極力削除していただけると作業する際にスムーズに出力作業に取りかかれるので、出来るだけ整理されたデータで入稿をお願いしております。

案内図や他のファイルからアタッチしてる外部参照のデータがないと表記されませんので、外部参照しているファイルがある場合は必ず添付してください。

JW−CADの場合

レイヤーで切り替えて出力する場合については事前にご連絡いただければと思います。
まれに出力の際のスケールがあわないデータ(多分他のCADから変換したものと思われます)が、その際はスケールの計算を行い出力いたしますので、料金が変わります。

案内図などが外部参照になっている場合は必ず外部参照のファイルもお持ちください。案内図データがない場合はその部分が印刷されませんので、ご注意ください。

また線の太さをオリジナルから変更している際には環境設定ファイル(jwf/jwl)も一緒に送ってください。特にない場合はオブジェクトのデフォルトの線幅の出力になります。

VectorWorksの場合

弊社でご用意しているVectorWorksはウィンドウズ用なので、MAC版のVectorとはフォントの置き換えの問題がCAD出力時に発生することがありますので、ご了承願います。
また弊社のよりも新しいバージョンからダウンバージョンして保存したデータは問題があることが判明したので、取り扱いは中止といたします。